ディカプリオが極悪人!?タランティーノ最新作「ジャンゴ」のキャラクターポスターが解禁


あのイケメン、レオナルド・ディカプリオが映画史上最悪の極悪人を演じることでも話題の『ジャンゴ 繋がれざる者』(2013年3月1日、日本公開)。そのレオ様のキャラクターポスター解禁された。ジェイミー・フォックス演じる主人公ジャンゴの宿敵キャンディを演じたレオナルド・ディカプリオは、そのイケメンのイメージを一新、奴隷同士を戦わせ、それをたばこを吹かし、ほくそ笑みながら眺める超極悪人のクソ野郎を演じている。

今回、全世界解禁となったポスターでは、あの”レオ様”の爽やかな雰囲気は一切なく、眉間にシワを寄せ、冷たいブルーの瞳でこちらを見下している。南部のいけ好かない金持ちファッションに、好色そうなヒゲ、ミスターキャンディではなく、”ムッシュキャンディ”と呼ばれたがるフランスかぶれの冷酷非道な男は、奴隷同士を死ぬまで戦わせ、金と暴力で人を支配する。一部の映像を観た人は、タランティーノ監督が創り出したこの異色なキャラクターを、ディカプリオがかなり”弾けて”演じていて、本編が待ちきれない!と話し、注目が集まっている。ジェイミー・フォックス、クリストフ・ヴァルツの名演技はもちろんのこと、このディカプリオの怪演にも期待が高まる。


早くもアカデミー賞候補との声も聞こえてくる本作は、全米が2012年12月25日、日本では2013年3月1日(金)より丸の内ピカデリー他全国ロードショーとなることが決定している。

ストーリー

1859年のアメリカ南部。賞金稼ぎのキング・シュルツ(クリストフ・ヴァルツ)と出会い、奴隷の鎖から解放されたジャンゴ(ジェイミー・フォックス)は、シュルツとコンビを組み南部のお尋ね者たちを捕まえていく。彼が腕を磨く理由はただ一つ。昔、奴隷市場で別れたきりの妻、ブルームヒルダ(ケリー・ワシントン)を見つけて救い出すことだった。
ブルームヒルダは”キャンディランド”という農園の領主カルヴィン・キャンディ(レオナルド・ディカプリオ)の元にいた。キャンディはスティーブン(サミュエル・L・ジャクソン)らを従えて、奴隷たちを鍛え上げ、互いに闘わせて楽しむ極悪人だった。妻を取り戻すための ’生きるか死ぬか’の壮絶な戦いが始まる―――。

監督:クエンティン・タランティーノ
出演:レオナルド・ディカプリオ、ジェイミー・フォックス、クリストフ・ヴァルツ、ケリー・ワシントン、サミュエル・L・ジャクソン 
全米公開:2012年12月25日 原題:DJANGO UNCHAINED

CineMatch:ジャンゴ 繋がれざる者

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>