監督、エリカ・リンツ、上戸彩らが登壇 — 第25回東京国際映画祭開幕!オープニング作品「シルク・ドゥ・ソレイユ3D」舞台挨拶


10月20日、TOHOシネマズ 六本木ヒルズのスクリーン7で、東京国際映画祭オープニング上映であり、ワールドプレミアでもある「シルク・ドゥ・ソレイユ3D 彼方からの物語」の上映が行われた。満席となった会場のステージに、監督、エリカ・リンツ、上戸彩らが登壇し、舞台挨拶を行った。また、来日を予定していたものの、スケジュールの都合で叶わなかった製作総指揮のジェームズ・キャメロンも、ビデオメッセージでの挨拶を行った。

アンドリュー・アダムソン監督:「今回は、オープニング上映作品として招待して頂いて大変感謝しています。私自信、シルク・ドゥ・ソレイユの大ファンで、この映画を今日、皆さんに観てもらえるのは本当に光栄です。
私は、初めてシルクを観た時、照明が点いて、音楽が流れはじめたその瞬間、別世界に連れて行かれました。夢の世界に連れて行かれたように感じたんです。パフォーマーたちの美しさ、スリリング部分など、全てを観て欲しいです。最後まで楽しんで下さい。」

エリカ・リンツ:「小さい頃、夢は世界中を旅することだったのですが、当時は叶いませんでした。その後シルク・ドゥ・ソレイユを初めて観て、私の人生は変わったんです。こうやって東京に来ることもできました。なにより、この映画を通じて世界中の皆さんと、シルク・ドゥ・ソレイユの世界を共有できるようになるということがとても嬉しいです。」

上戸彩:「皆さんと今日、一緒にグリーンカーペットを歩かせていただいて、改めて本作が注目されていると感じました。私は元々シルクの大ファンで、舞台裏を取材したこともあるのですが、3Dの映画はステージのそれとは全く違うんです。深いストーリーがあって、おしゃれなBGMがあって・・・様々な楽しみ方ができる作品です。今日観た皆さんには、それぞれが感じたことをまわりに広めていって欲しいと思います。」

ジェームズ・キャメロン(ビデオメッセージ):「私が製作総指揮を務めるこのシルク・ドゥ・ソレイユの映画は、3Dでの鑑賞に最適です。3Dカメラのための様々な撮影技術が開発され、私は海や宇宙を探求してきました。そして今、大好きなシルクを、これまでにない映像でお届けできて幸せです。3Dのおかげで生き生きとした臨場感が体験できます。この度、東京国際映画祭の公式オープニング作品に光栄にも選ばれました。この作品は日本が世界最速の公開です。東京国際映画祭とは長年私自身、深いご縁があり、『タイタニック』と『アバター』から続いています。『タイタニック』が映画祭で上映されてから15年、きっと今回の作品も皆さんに夢中になってもらえるはずです。シルク・ドゥ・ソレイユという最高のエンターテイメントを、私たちの映画でお楽しみください。」

「シルク・ドゥ・ソレイユ3D 彼方からの物語」
製作総指揮: ジェームズ・キャメロン (『アバター』 『タイタニック』)
監督・脚本: アンドリュー・アダムソン (『シュレック』 『ナルニア国物語』)
劇場公開日:2012年11月9日

CineMatch:シルク・ドゥ・ソレイユ3D 彼方からの物語 – CineMatch映画レビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>